よだれが出る話を集めたエピソードサイト

アジアンなグルメとしての飲茶

以前少人数の会食としてアジアンなグルメの飲茶の会へ通っていたことがあります。
地下鉄やバスを使いチャイナタウンの現地で待ち合わせします。
店内は比較的広く、通路を様々なお料理を乗せたワゴンが行き交います。
蒸したての湯気を立てる小龍包や大根のおもち、五目おこわなど好きなものをたくさん選んで並べてゆきます。
丸いテーブルにいっぱいになったら気の合う方々と何だかんだおしゃべりしながら、ジャスミンティーの良い香りに包まれつつこころ通じ合うひと時を過ごすのは楽しいものです。

帰りは普段手に入れにくい新鮮なお魚などを購入しにゆきます。
菓子パンなども日本のそれとよく似ていてよく買い求めたものです。

お正月などは爆竹が鳴る中、中国獅子舞いを見ることが出来、今でも良い思い出として心に残っています。

会社勤めをしていたころはやはり高級中華料理店に連れて行ってもらいました。
お上品に仕上げられていて一品一品さすがに美味しかったです。

杏仁豆腐が有名で箱入りを家でも作っていただきました。
アジアンなグルメとしての飲茶や中華料理はもはや日本食の一部として定着して久しくなります。
家でも皮を買ってきて春巻きやギョーザ、チャーハンなど中華料理は欠かせないものですが、本格的なものというのは、長い歴史や伝統によって培われ尊守された貴いものだと思います。
医食同源、薬食同源という日常の食生活を通して家族の健康を維持保持することができるとしたらそれ以上に素晴らしいことはありませんね。

Copyright (C)2017よだれが出る話を集めたエピソードサイト.All rights reserved.